ただ、目立ちたい。
それが自分の原体験からくるモチベーションだろう。

今でも覚えているのは幼稚園のころ、周りの園児を取り囲む一人の友達の姿。

「自分にはそんな求心力がない」ことへのコンプレックスをずっと持っていた。
特に嫌われてるとかではないが、好かれるキャラでもない、普通の子だった。

スポーツができることが絶対、へのコンプレックス

小学生になると、必然と運動できるやつが目立つ。

だからドッジボール、サッカーあたりはそのあたりから嫌いだった。

好きな子も、スポーツできるような男子が好きなんだろうと思っていた。

気を引くためにバカをやろうとしたが、普通の領域を抜けられなかった。

スポーツ以外でも「タグづけ」ができると知った

いわゆる、文武で言うと「武」、つまりスポーツできなきゃ話にならないと思っていたが、中学あたりから、武ではなく「文」でも目立てることを知った。

年賀状コンテストでも「羊」という文字でひつじの絵を描いただけで入賞した。
他にも、生徒評議会や生徒会、美術や技術の授業……発想で目立てることを知れた。

スポーツほどインパクトはないものの、自分しかやらないことには可能性を感じたし、いまでもそう思っている。

たぶん本心としては、自分にだけつく「タグ」に魅力を感じている。
でも、感じてしまうものは変えられない。

それでも自分の居場所がほしい。自分に興味を持たれたい。普通ではありたくない。

だから、自分の居場所を作ってくれるものに対してだけは本気になれる。

普通コンプレックスがマイナーへのこだわりを産んだ

マイナーなものや一部の誰かしかやらないことは、いろんな人にスポットライトを当ててくれる。
メジャーなもので有名じゃないと当たらなかったスポットライトを、増やしてくれる。

だからマイナーなモノ、コトを広めていける存在になりたい。

それが僕の原体験「普通コンプレックス」からくる、モチベーションなんだろう。