日々マネジメント業務をしているとフィードバックしたり、現場のヘルプに入ったりすることがある。

最近は未経験中途社員のマネジメントがなかなか多い。

そんな中で
Bだと思ったので、だんなさんのAの意見は無視しました
ということがまあまあある。

せめて根拠を述べよ、と思うのだけど、気づいてから指摘して理由を聞くと結構浅い。

ただ、「なんで言ったとおりにやらねーんだ」と言えばマネジメントは崩壊するので結構むずい。

新米部下の間違ったアレンジを指摘するときの注意点

指摘するときに気をつけるべきは、以下の5点くらいありそうだ。
  1. アレンジの理由を聞く
  2. 自信を失わせない
  3. 相手に考えさせる
  4. 指摘の理由にファクトを入れる
  5. もしくは論理的である

1.アレンジの理由を聞く

そもそもわけを聞かないと話にならないし、「一切の意見を受容しません」というスタンスづくりになり、言われたことしかできなくなる。

ちゃんと理由や背景を説明させ、聞き入れることが大事。

2.自信を失わせない

「はい、論破」は絶対にしない。
これが結構難しい。

理由を聞くことに通ずるが、どんなファクトや仮説のもと出した意見かによっては受け入れる体であることの表明が必要だ。

「おれはこう思ったけど、もしかしておれの知らないデータや調査結果があるかもだから、それを教えてほしい」
という、基本は受け入れるスタンスでコミュニケーションを始めると良い。

3.相手に考えさせる

押し付けではハレーションを生んでしまう。
「あいつは自分の考えを実現させる手足が欲しいだけだ」と思われたら、ひとつひとつの仕事の質が落ちる。

「おれはこう思うけどどう思う?」と聞いて、意見交換しようよというスタンスで向き合うことが大事。

4.指摘の理由にファクトを入れる

ファクトがない指摘ほど感情的な話になって結論がつかない。

「この人は、経験や感覚でものを言う人なんだ。バカだから私の意見を理解できないんだ。」くらいに思われかねない。

それこそ言うことを聞かない部下が出来上がる。

5.もしくは論理的である

ファクトはなくともせめてかなり論理的ではあるべき。

上司が部下の思考プロセスがわからないように、部下も上司の思考プロセスはわからない。
自分と部下は視界が違うことは理解しておかなければ話にならない

そもそも部下がフィードバックを取り入れない理由

部下のスタンスが〜とか、言い出せば何も解決しない。

素直じゃない、自分はできると思ってる、などなど言いたいことはたくさんある。

しかし他人は変えられないもの、まず自分が変わらなきゃいけない。

では、フィードバックを受け入れてもらうためにはどうするか。
これには3つの方法がありそうだ。
  1. 責任範囲の合意を取る
  2. 衝突を許容する雰囲気をつくる
  3. 考えさせて自分の答えにたどり着かせる

1.責任範囲の合意を取る

上司が成果物の最終責任を取ることがわかってない可能性がある。

結果が出ようが出まいが自分のやり方でやりたいから口出しするな、のスタンスになっているかもなので、「結果を出すためにフィードバックしているんだよ」と伝えなければならない。

2.衝突を許容する雰囲気をつくる

「フィードバック間違ってるのでやりません」なんて言ってくる人は少ない。

だいたいがこっそり無視する

自分もどう雰囲気づくりすればいいか悩んでいるが、
衝突は否定ではない、
ぶつかり合うことでより良いものになる、
というカルチャーを作らなければならない。

3.考えさせて自分の答えにたどり着かせる

多分これがイチバン大事。

自分で考えたことしか正解じゃない自分ならもっといいものができる、と信じてやまない人は必ずいる。

なので、部下に考えさせることが何よりも重要。
答えを言っても受け入れられないので、自分で答えにたどり着かせることが必須だろう。

まとめ的な何か

未経験中途はいままでの土台がある分、まっさらになり切れないことがある。

最初は言ってもなかなか受け入れてもらえないことが多いと思うが、いつかわかってもらえる日を信じて日々部下と向き合い続けなければならない

マネジメントって難しい……。